交通機関の安全に関わることについて把握することが大事

管理業務のために

画面の表示された端末

品質マネジメントシステムによる徹底した品質管理とコスト縮減

国際標準化機構(ISO)における品質マネジメントシステムは、ISO9000シリーズと呼ばれているマネジメントシステムです。最近の製造業の大半は、ISOを取得した品質マネジメントシステムに基づいて、品質管理を行っています。この取得によって、そこで終わるというものではなく、PDCAと呼ばれる製品改良のフローをうまく回すことで、より良い製品提供を図ることになります。また、ISO取得後は、年2回の内部品質監査に加え、維持・更新審査といった外部審査を受けることで、マネジメントレビューの有効性や、目的・目標達成システムの有効性、あるいは活動状況などが審査されます。そして、顧客からのクレームが発生した場合は、その検証を行い、再発防止を図るとともに、製品の均一化によってトータルコスト縮減が可能となります。今後も、ISO9000シリーズによる品質マネジメントシステムによる品質管理によって、高い製品提供が図られるとともに、コストが抑制されることが期待できます。

顧客重視の考えに基づいた品質マネジメントシステム

ISO9000シリーズでは、顧客重視、リーダーシップ、人々の参画といった八つの品質マネジメントの原則を基本としています。その中でも、最も重要視されているものに、顧客重視を挙げることができます。製品を提供された顧客がその製品に対する満足度が高いものでないと、品質に優れた製品とは評価されません。そのため、ISO取得後においては、アンケート方式による顧客満足度調査を行い、製品に対する評価を数値化することで、その製品を評価することになります。そして、評価が低い場合は、設計、開発の各段階ごとにレビューを行い、その検証を行うことになります。そして、設計・開発の妥当性を確認を受けたことで、製品の改良が行われ、再度、顧客に提供することで、その満足度について評価されることになります。このように、ISO取得後も、繰り返し製品の改良が行われることになりますので、必然的に製品の品質向上を図ることができます。そして、均一化によるコスト縮減も図られ、よりよい企業として評価を受けることになります。